動画配信サービス

【本質】動画配信サービスを「満足度」で選ぶと失敗する理由を解説【選び方も紹介】

動画配信サービス選びに迷ってる人「どの動画配信サービスがいいのかな?みんなの満足度を見て決めようかなと思ってるんだけど、それでいいのかな…。」

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • 満足度の高い動画配信サービス
  • 動画配信サービスを満足度で選ぶと失敗する理由
  • 動画配信サービスの失敗しない選び方

本記事の信頼性

ぽりけん

この記事を書いてる僕は、動画配信サービス利用歴8年。365日、映画やドラマ、アニメを見てる実体験からブログ書いてます。» 利用歴のスクショはこちら

動画配信サービスを選ぶときに「満足度」で選ぶと失敗しやすいです。

なぜなら、「誰かの満足度≠あなたの満足度」ではないからです。「人気だから使ってみたけど、思ったほどじゃない…」ってことよくありますよね。

そうならないために、本記事では満足度で選ぶと失敗する理由を紹介しつつ、失敗しないための方法も紹介してます。

動画配信サービス選びで失敗することがなくなるので、最後までチェックしてみてください。

満足度の高い動画配信サービス

満足度の高い動画配信サービスの画像

満足度の高い動画配信サービスは次の通りです。(引用:2019年 オリコン顧客満足度®調査 定額制動画配信ランキング

  • 1位:Netflix(72.37点)
  • 2位:Amazonプライムビデオ(71.21点)
  • 3位:Hulu(70.31点)
  • 4位:ビデオパス(69.32点)
  • 5位:U-NEXT(69.15点)
  • 6位:dTV(68.84点)
  • 7位:TSUTAYA TV(68.44点)

上記の様な順位になっています。

「手続きのしやすさ・会員向けサービス・サイト/アプリの使いやすさ・動画のみやすさ・コンテンツの充実さ・コストパフォーマンス」の6項目を実際の利用者7,362人に調査した結果です。

動画配信サービス以外の雑誌読み放題など、
付属のサブコンテンツやアダルトの評価は含まれてません。

簡単に順番に紹介していきます。

1位:Netflix(72.37点)

Netflixの画像
Netflix
月額料金800円|1200円|1800円(税別)
特典なし
配信モデル定額見放題
見放題作品数未公表
強いジャンルオリジナル作品
ダウンロード機能あり
視聴可能端末スマホ/PC/TV/PS4/FireTV/Chromecast
無料体験終了!

Netflixは海外で超人気サービスで、日本でも超人気です。
海外作品は豊富ですが、逆に国内作品は少なめ。

Netflixの最大のポイントはオリジナル作品と質と量。
巨額の予算を投入してオリジナル作品に注力してます。
» Netflixをチェックする
※クリックすると公式サイトに移動します。

2位:Amazonプライムビデオ(71.21点)

Amazonプライムビデオの画像
Amazonプライムビデオ
月額料金月額500円|年払い4900円(税込)※学生なら半額
特典Amazonプライム会員特典(配送特典、音楽聴き放題、書籍読み放題、会員限定セールなど)
配信モデル定額見放題+有料レンタル
見放題作品数未公表
強いジャンル全ジャンル+オリジナル作品
ダウンロード機能あり
視聴可能端末スマホ/PC/TV/PS4/FireTV/Chromecast
無料体験30日間

Amazonプライムビデオを利用すると自動的にプライム会員になります。
正しくはプライム会員特典の一部が「Amazonプライムビデオ」です。

プライム会員特典は「Amazonプライムビデオの感想。【評判・口コミを忖度なしのガチレビュー】」の記事内で紹介してます。

月額料金が500円、年払いだと4900円になり、コスパ最強です。
» Amazonプライムビデオをチェックする
※クリックすると公式サイトに移動します。

3位:Hulu(70.31点)

Huluの画像
Hulu
月額料金月額933円(税別)
特典なし
配信モデル定額見放題
見放題作品数約6万本
強いジャンル海外作品
ダウンロード機能あり
視聴可能端末スマホ/PC/TV/PS4/FireTV/Chromecast
無料体験2週間

Huluは海外ドラマが豊富に揃っていて、933円の見放題プランだけで課金要素がないのも安心。動画配信サービスを初めて使う人におすすめ。

海外ドラマ中心ですが、アニメ、バラエティと家族で楽しめるコンテンツも豊富。
» Huluをチェックする
※クリックすると公式サイトに移動します。

関連記事:Huluは月額に見合う?【評判・口コミを忖度なしのガチレビュー】

4位:ビデオパス(69.32点)

ビデオパスの画像
ビデオパス
月額料金月額562円(税別)
特典毎月550コイン、コインでレンタル作品視聴可能
配信モデル定額見放題+有料レンタル
見放題作品数約1万本
強いジャンル全ジャンル
ダウンロード機能あり
視聴可能端末スマホ/PC/TV/FireTV/Chromecast
無料体験30日間

ビデオパスは2020年4月7日から「TELASA」にサービス名が変わりました。

月額料金が562円と安くコスパが良いのが特徴。さらに毎月550コインでレンタル作品が視聴できますね。
» TELASA(旧ビデオパス)をチェックする
※クリックすると公式サイトに移動します。

5位:U-NEXT(69.15点)

U-NEXTの画像
U-NEXT
月額料金月額1990円(税別)
特典雑誌読み放題、毎月1200ポイント、ポイントでレンタル作品視聴可能、NHKオンデマンド視聴可能
配信モデル定額見放題+有料レンタル
見放題作品数約14万本
強いジャンル全ジャンル+アダルト作品
ダウンロード機能あり
視聴可能端末スマホ/PC/TV/PS4/FireTV/Chromecast
無料体験31日間

U-NEXTは見放題作品数ナンバーワンの動画配信サービス。

月額料金が1990円と高めですが、毎月の1200ポイントでレンタル作品を視聴したり、NHKオンデマンド(990円)がポイント利用で無料視聴できます。

他の動画配信サービスと違って、雑誌読み放題+アダルト作品が見れます。
» U-NEXTをチェックする
※クリックすると公式サイトに移動します。

関連記事:【ガチレビュー】U-NEXTの評判まるごと完全解説【失敗談あり】

6位:dTV(68.84点)

dTVの画像
dTV
月額料金月額500円(税別)
特典ドコモユーザーセット割引
配信モデル定額見放題+有料レンタル
見放題作品数約12万本
強いジャンル全ジャンル+カラオケ
ダウンロード機能あり
視聴可能端末スマホ/PC/TV/FireTV/Chromecast
無料体験31日間

dTVはドコモユーザーじゃなくても利用できます。
でも、ドコモユーザーには特典があります笑。

月額500円で12万作品が見放題とコスパに優れてます。
» dTVをチェックする
※クリックすると公式サイトに移動します。

7位:TSUTAYA TV(68.44点)

TUTAYATVの画像
TSUTAYA TV
月額料金月額933円|1865円|2417円(税別)
特典毎月1100ポイント、ポイント利用でレンタル作品が視聴可能
配信モデル定額見放題+有料レンタル
見放題作品数約1万本
強いジャンル全ジャンル+アダルト
ダウンロード機能あり
視聴可能端末スマホ/PC/TV/FireTV/Chromecast
無料体験30日間

TSUTAYA TVはTSUTAYAが運営する動画配信サービスです。

動画配信サービス以外にネット宅配レンタルの「TSUTAYA DISCAS」サービスもあり、セットプランもあります。

動画配信サービスで見つつ、配信されてない作品は宅配レンタルで見れる「TSUTAYAだからこそできる」サービスです。
» TSUTAYA TVをチェックする
※クリックすると公式サイトに移動します。

関連記事:【簡単】TSUTAYA TVの無料体験を解説【他にない魅力満載】

ざっと簡単に紹介しましたが、(Netflix除く)気になるサービスは無料体験できるので、気軽にお試しするのもありですね。

動画配信サービスを満足度だけで選ぶと失敗する理由

動画配信サービスを満足度だけで選ぶと失敗する理由の画像

結論は「他人の満足度≠あなたの満足度」ではないから。


逆を言うと「あなたの満足度≠他人の満足度」でもないし、基本、全員が満足する動画配信サービスはないです。あったら速攻契約してます笑。

人の満足度だけで選ぶと、失敗するかも知れませんね。楽しむのは自分ですから。

動画配信サービスの失敗しない選び方

動画配信サービスの失敗しない選び方の画像
  1. 目的を持つ
  2. 使用環境を考える
  3. 仕組みを理解する
  4. 無料体験してみる

動画配信サービス選びで失敗しないのは上記の4つがポイントです。

1つずつ解説していきます。

失敗しない方法①:目的を持つ

見たい作品・ジャンルから動画配信サービスを選ぶ。

オリジナル作品が見たい人がU-NEXTやdTVを選ぶと失敗します。オリジナル作品配信されてないですから…。

満足度や人気度は大切ですが、見たい作品・ジャンルが配信されてることのほうが、もっと大切です。作品検索の方法は次の記事で紹介してます。
» 【初心者】作品検索して完全無料で見る【動画配信サービスVOD】

また簡単にジャンル分けするとこんな感じです。

見たいジャンルから選ぶと長く楽しめます。

失敗しない方法②:使用環境を考える

家族で使うならアカウント共有必須。

動画配信サービスを自分だけが使うなら考えなくてもいいですが、家族で使うとなると「アカウント共有」「視聴制限」のことは考えましょう。

R18やアダルト作品など、子どもに見せたくない作品もあるはず。家族で使うなら次の記事を読むべきです。
» アカウント共有で失敗しない動画配信サービス3つ【楽しさもシェア】

失敗しない方法③:仕組みを理解する

定額見放題?レンタル作品?と思うなら、要注意。

動画配信サービスは月額料金を払っても見れない作品があります。それがレンタル作品。

レンタル作品はポイント利用で視聴するか、別途課金しないと見れません。知らないと「これも見れる!これもー!」と喜んでる見てるけど請求きてた…なんてことにもなります。

このあたりのことは「U-NEXT料金の仕組み、実はシンプルです。【これを読めば完璧】」の記事内で解説してます。

失敗しない方法④:無料体験してみる

「百聞は一見にしかず」、使えば全てがわかります。

動画配信サービスは月額料金を払う前に、無料体験できます。

満足度が高い動画配信サービスの無料期間

無料体験中でも有料会員と同じサービスが使えます。
満足できそうにないなら、解約すればOK。以下のパターンです。

  • パターン①:無料体験→これ良いね!→継続
  • パターン②:無料体験→うーん…。→解約

無料期間中でも解約料金は一切かからないので、気になるサービスは気軽にお試しするといいです。良いか悪いかもわからないサービスにいきなり課金なんて怖すぎです。

ちなみにNetflixは無料体験がありません。過去にはあったんですが、終了しました。他の動画配信サービスもそのうち無料体験なくなるかもしれないので、お早めにどうぞ。

動画配信サービスを満足度で選ぶと失敗するたった1つの理由:まとめ

動画配信サービスを満足度で選ぶと失敗するたった1つの理由:まとめの画像
  • 満足度1位はNetflix
  • 他人の満足度≠あなたの満足度じゃない
  • 目的を決めて選ぶ
  • 使用環境を考えて選ぶ
  • 仕組みを理解しよう
  • 無料体験で判断する

動画配信サービスを満足度で選ぶのもいいですが、自分が一番満足できるサービスを選べるように目的や環境を考えて、無料体験してみるといいです。

ぜひ、自分にあった動画配信サービスを使って、素敵な映画・ドラマライフを過ごしてくださいね。