flyer

iPadでチラシ作成するため必要なもの【アプリ6選と周辺機器を紹介】

iPadでチラシ作りたい人

iPadを活用してチラシを作りたいけど、なんかいいアプリないかなぁ。

こんな悩みを解決してます。

本記事の内容

  • iPad用チラシおすすめ作成アプリ
  • 効率アップする周辺機器

場所を選ばず持ち運びも便利なiPadでチラシ作成ができれば超便利。iPadはPCに取って代わるツールになるのでiPadでチラシ作成できるようになりましょう。

最後まで読むとiPadでチラシ作成するために必要なものがわかりiPadでチラシ作成できるようになります。

iPad用チラシ作成おすすめアプリ

iPad用チラシ作成おすすめアプリの画像
  • Pages
  • Keynote
  • MetaMoJi Note
  • Canva
  • Affinity designer

5つのおすすめアプリを紹介してます。とりあえず気になったものをインストールして使うことをおすすめします。

アプリ選びも大切ですが、それ以上にチラシの中身(コンテンツ)に時間を使いましょう。

Pages

pagesの画像

チラシ作成アプリの定番といえばPages。

iPadに標準で入ってるアプリでとにかく出来ることが多く、「えっ?!これiPadで作ったの?」レベルのチラシの作成も可能。

迷ったらPagesを選べば間違いなしです。

Pages

Pages

Apple無料posted withアプリーチ

Keynote

Keynoteってプレゼン用じゃないの?普通はPagesじゃないの?と思った方はもったいない。

ぜひ1度使うことをおすすめします。動きのないプレゼン資料を1ページだけ作る感じで1枚のチラシが作れます。

簡単なポスターやPOPにはPagesよりKeynoteがおすすめ。

Keynote

Keynote

Apple無料posted withアプリーチ

MetaMoJi Note

MetaMoJi Noteの画像

基本はノート用のアプリ。これを活用するとチラシが作れます。テキストや画像にイラストを好きな位置に、好きな大きさで、好きなものを配置できるスグレモノ。

PagesよりKeynoteに近い操作性。有料アプリですが値打ちありますよ。チラシ作成ソフトと思えば超お得。

MetaMoJi Note

MetaMoJi Note

MetaMoJi Corporation¥980posted withアプリーチ

無料版もあります。まずは無料版で試してみることをおすすめします。

MetaMoJi Note Lite

MetaMoJi Note Lite

MetaMoJi Corporation無料posted withアプリーチ

Canva

canvaの画像

サクッと作れるのがCanvaの魅力です。最初からいろんなテンプレートがあり、イラストやアイコン素材も用意されてるものを選ぶだけで簡単に挿入できるので簡単。

ただ、使える素材やテンプレートも無料プランでは限られてるのでサクッと使うなら無料プラン、ガッツリ使うなら有料プランがおすすめです。

チラシというより、名刺やはがきサイズ、SNS系のサムネイルなどが得意なアプリ

Canva-年賀状,名刺,チラシ,ロゴ,ポスター,カード作成

Canva-年賀状,名刺,チラシ,ロゴ,ポスター,カード作成

Canva無料posted withアプリーチ

Affinitydesigner

affinitydesignerの画像

このアプリは本気ですごいです。PCソフトと遜色なく、むしろそれ以上のことをiPadでできるアプリ。

他のアプリと違ってグラフィックアプリなので使い方に慣れる必要があります。その分慣れれば強力なツールになること間違いなし。

アプリ料金は少々高めですが、これだけのことができる神アプリでこの料金は安いぐらい…PCソフトなら○万円レベルのアプリ。

Affinity Designer

Affinity Designer

Serif Labs¥2,440posted withアプリーチ

Evernote

Evernoteの画像

えっ!Evernoteってチラシ作れるの?!と思われた方すいません…。Evernoteではチラシ作れません…が、僕はEvernoteを使ってチラシ作ってます。

この文章では意味わからないと思うので、別記事を見てもらうと言ってる意味がわかると思います。

効率アップする周辺機器

効率アップする周辺機器の画像

iPadでチラシ作成する時に効率アップする周辺機器を書いてます。といってもたった2つだけ。

むしろ効率アップと書きましたが、iPadでチラシ作るなら必須。

Apple Pencil

デジタルに手書きできることが尊い、そして神。

テキストフォントって見やすくていいんですが、逆に整いすぎて機械的に感じます。逆に手書きばかりだと見づらくなる。

Apple Pencilで手書きイラストや文字を入れるとそれだけで目を引きます!手書きのチラシってついつい手にとってしまいますから。デジタルから感じる人のぬくもりは超差別化ポイント。

フォント+手書きにするだけで反応がチラシの反応がよくなるし、さっと使えるのでiPadでチラシ作成するならApple Pencil必須。

外付けキーボード

タッチパネルより外付けキーボードの方がタイピング速度上がるので外付けキーボードも必須。他にもディスプレイにキーボードがあると画面を占領されて見づらいです。

iPad+外付けキーボードなら画面占領されず文字入力も早くなるから必須。

Apple純正のSmartKeyboardがケースがわりにもなりおすすめですが、キーボードのうち心地が苦手な人は別の外付けキーボードでも大丈夫。

折りたたみ式だと持ち運びが便利ですね。

ケース一体型もいい感じです。

おすすめアプリをインストールして周辺機器も揃えてiPadでチラシ作成してみてください。

Macをお使いなら別記事で「Macで使えるチラシ作成ソフト3選+デザインのコツも紹介」も書いてるので参考にしてみてください。