video

映像研には手を出すな!実写ドラマの評価・感想まとめ【乃木坂46の3人ハマり役?】

ドラマ「映像研には手を出すな!」の評価ってどうなんだろう?気になる…。

こんな疑問を解決します。

ドラマ「映像研には手を出すな!」は大童澄瞳(おおわら すみと)の漫画が原作。

2020年1月6日からアニメ版「映像研には手を出すな!」が全12話で放送され、2020年4月から全6話の実写ドラマ版が放送されました。

そして、映画版も公開予定されるほど、大人気作品です。

本記事では、そんな「映像研には手を出すな!」実写ドラマ版のあらすじやキャストを紹介しつつ、良い評価・悪い評価をまとめてみました。

ぽりけん

簡潔にまとめてるので、ぜひ最後までご覧ください。

実写ドラマ「映像研には手を出すな」あらすじ

迷彩帽に迷彩リュックの少女・浅草みどり(齋藤飛鳥)は、アニメが好きで、人並み外れた想像力があるのだが、見知らぬ人に話しかけられると卒倒してしまうほどの極度の人見知り。

浅草の中学からの同級生・金森さやか(梅澤美波)は長身で美脚、金儲けに異常な執着を見せるタイプだ。

2人が入学した芝浜高校は、413の部活動と72の研究会およびそれに類する学生組織がある、一言でいえばカオスな高校。この部活動および学生組織を束ねているのが大・生徒会。道頓堀透(小西桜子)、ソワンデ(グレイス・エマ)、阿島(福本莉子)、王(松﨑亮)が幹部として運営を司っている。

そんな芝浜高校で、浅草と金森はカリスマ読者モデルの水崎ツバメ(山下美月)と出会う。ツバメもまた、芝浜高校に入学してきた新入生で、実はアニメ好きでアニメーター志望だった。運命的な出会いを果たした3人はアニメ制作に邁進することを決意する。

こうして、電撃3人娘の「最強の世界」を目指す冒険が始まった!!!

公式サイト

実写ドラマ「映像研には手を出すな」キャスト

実写ドラマ「映像研には手を出すな」キャストの画像
© 2020 「映像研」実写ドラマ化作戦会議 © 2016 大童澄瞳/小学館
  • 浅草みどり:齋藤飛鳥
  • 水崎ツバメ:山下美月
  • 金森さやか:梅澤美波
  • 道頓堀 透:小西桜子
  • さかき・ソワンデ:グレイス・エマ
  • 阿島 九:福本莉子
  • 王 俊也:松﨑亮
  • 百目鬼:桜田ひより
  • 小野:板垣瑞生
  • 藤本先生:髙嶋政宏

実写ドラマ「映像研には手を出すな」悪い評価・感想

うーん…。 俳優さんが何を言っているのか聞き取れない。滑舌について考えてしまう。 アニメが面白かったので興味本位で視聴してみたけど、ドラマ版は合わなかった。 主役3人はかわいいなぁと思いました。

フィルマークス

アニメ版と比較してしまうと微妙。ただ「アイドルが主演のドラマ」としてなら良い方だと思う。あと可愛い映画に期待します

フィルマークス

アイドル映画であり、アイドルドラマなので、彼女たちが可愛ければそれで良い。なんて思えない。原作もアニメも好きだから。頑張ってるけど、全然面白くない。

フィルマークス

悪い評価を見てみると「アニメ版の評価の高さゆえの期待」が大きいですね。そして、そのイメージを実写化ドラマにそのまま投影すると「期待はずれ」に感じてしまいます。

ぽりけん

個人的にはキャスティングに「見始めこそ、違和感があった」けど、いつの間にか違和感は消えてました。

とはいえ、キャスティングに関することが「悪い評価」には多く、ストーリーやCGなどは評判が高く、ある意味、アニメと実写ドラマを割り切ればいいかもですね。
※関連記事:映像研には手を出すな!実写ドラマがひどい理由

実写ドラマ「映像研には手を出すな」良い評価・感想

先にアニメを見てて、ドラマは乃木坂かーと思ったけど違和感なく見れた。アニメの世界観には足りないけどアニメよりも勢いがあったと思う。これはこれで良い。

フィルマークス

アニメとは違う面白さがあって良かった

メイン三人が乃木坂だからって観るのを辞めないで欲しい。

最終話はアニメよりドラマ版の方が好きです

フィルマークス

アニメ程ではないがこれはこれで悪くない作品。

1番ハマってたのは水崎ツバメ役の娘。

フィルマークス

悪い評価にもいい評価にもキャスティングが入ってるのが面白い。「映像研には手を出すな!」はアニメ版にはアニメ版の楽しみ方、実写ドラマ版には実写ドラマ版の楽しみ方がありますね。

「主演が…」とか言って、見ないのはもったいないかも。アニメ版にはない、映像の綺麗さ、CGの作り込みなどを楽しみにするといいです。

ちなみに、アニメ版をまだ見てない方はFODプレミアムの無料体験を利用すれば今すぐ視聴できます。
※関連記事:アニメ「映像研には手を出すな!」全話フル動画を無料視聴!

実写ドラマ「映像研には手を出すな」評価・感想まとめ

実写ドラマ「映像研には手を出すな」の評価をまとめてみると次の感じです。

  • キャストが合わない
  • かわいいのはかわいいけど…
  • アイドル主演ドラマかも…
  • ちゃんと実写化に落とし込めてる
  • 乃木坂三人娘が良い!
  • 最終回はドラマのほうが感動した
  • 映画が楽しみ

わりとわかりやすく評価がわかれてますが、調べてると「キャスティングがちょっと…だけど、面白かった」という評価・感想が多くありました。

見る人によって、評価が変わるのは当たり前ですが、最初は「うーん…」という感じが、見ていく中で評価が変わるドラマかもですね。

個人的にはアニメ版も実写ドラマ版も面白かったので、思いっきり映画に期待です!